Craft beer

クラフトビールとは、小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。
ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼びます。
クラフトビールの良さは、美味しいビールであるとともに、その多様性がとてつもなく魅力です。
作り手が自分の作りたいものを造るという側面のあるため、醸造家の数だけビールができると言っても過言んではありません。様々なお料理に合わせて楽しむことができるのも特徴です。

日本や世界のお客様に語り伝えていきたいと考えています。
日本全国の小規模ながらも独立した酒造で、伝統的製法を貫くビール職人。
使い続けることで物の良さを教えてくれる和工芸の職人。
食べる幸せを提供し、一手間を惜しまない食の職人。
私たちのコンテンツには作り手の想いや様々なストーリーが溢れています。
なかなか見えづらいものではありますが、私たちの生活にはいつも彼らの存在があります。
私たちはそんな彼らにスポットを当て、国内外へと発信し、新しいコミュニティーの創造を目指します。

100Kで味わえる醸造所のこと

京都醸造(京都)
エールズ人、カナダ人、アメリカ人の三人が立上げた京都ブランドのクラフトビール。多様な素材や技術を取り入れ、微妙なニュアンスの違いに気を配りながら、複雑かつ緻密なビール造りを目指す醸造所である。
一乗寺ブルワリー(京都)
1回の仕込みで醸造する量が200ℓの超少量生産のスタイルをとっている。基本となる麦酒のほか、季節の味覚にあう麦酒を仕込んだり、個性的な味覚の麦酒を作ったりしている。
あくらビール(秋田)
秋田県の小さな醸造所「あくら」ドイル・ミュンヘンのバイエルンスタイルを範とし、舌にも身体にも美味しい、様々なクラフトビールを醸造している。
木内酒造(茨城)
毎日飲める親しみやすい「デイリービール」をテーマに1997年に工場を立ち上げる。「クラフトビール」=「ローカルビール」、地域に根ざした ビール造りを続けている。
箕面ブリュワリー(大阪)
1823年から日本酒を造り続ける木内酒造から生まれたクラフトビール。フクロウラベルのビールは、今や世界20カ国へ羽ばたいています。

※上記の商品は順次入れ替わることがございます。

pagetop